漢方とはどんなもの?

漢方 

 

普段私たちが何気なく使用している漢方とはどういったものなのでしょうか?

 

風邪をひいたときなど、葛根湯を飲んだりしますが、その葛根湯も漢方の一種です。

 

漢方薬は、中国の伝統医学である「中医学」というものが、日本に伝わったのが始まりだと言われています。

 

漢方薬は、自然界にある植物や鉱物などの生薬を、複数組み合わせて作られた薬のことを言います。

 

解りやすくいいますと、自然の物を利用してできている薬という事です。
植物や、動物、鉱物などの、天然の素材を複数組み合わせて作られた薬という事ですね。

 

漢方と言いますと、中国の物のように感じますが、
中国から日本に漢方医学が伝わってから日本でも独自の医学として進化していったので、現在の日本における漢方医学は日本独自の医学ともいえると思います。

 

漢方の基礎には、体のバランスを整えたり巡らすといった考え方があるようです。

 

私たちが普段利用している薬とは少し違った考え方ですね。

 

漢方薬は、薬のように病名に合わせて選ぶのではなく、症状に対して使用していきます。自分の体質に合ったものを選ぶことも大事です。

 

例えば、風邪の漢方薬の場合は、寒気を感じているような場合ですと葛根湯がおすすめです。
しかし、のどが腫れて痛いといった場合ですと、同じ風邪の諸症状でも銀翹散(ぎんぎょうさん)という漢方薬がおすすめとされています。

 

ご自分の体質や、症状のに合わせて上手に漢方を利用していきましょう^^

漢方は色々な効果を持っている

漢方 バリエーション

 

漢方はとてもバリエーションが豊富な薬です。
それは漢方の持つ様々な顔(効果)があるからです。

 

漢方とは

  • 様々な生薬を複合的に組み合わせて出来ている。
  • 一つで様々な症状を解消したり、和らげたりできる。
  • 病気の状態や、その人の体質に合わせて、様々な漢方薬が用いられる。
  • 飲んですぐに効くものもあれば、飲み続けることで効果が得られるタイプの漢方もある。
  • 同じ病気でも、発症してからの経過日数や、症状などによって用いられる漢方薬が異なる。

この様に、民間薬のどくだみ茶や、センブリなど健康や、美容を目的にしているものとは少し使われ方が違います。

 

漢方薬には中国の医学書に、生薬の基原や、製法、用法用量などが記載してあって、
用いる際の注意点や、病気の状態が詳細に定められています。

 

漢方薬は様々な成分が同時に体に作用して、体の調子を整えてくれたり、巡りを良くしてくれたりする、とてもバリエーション豊富な薬と言えますね。

 

古い歴史の中で、実際に効果が実証されてきた素晴らしいものですので、
体質や病態に合わせて上手に漢方薬を利用してみてください^^